香典は奇数がよいと言う諸説。

香典を包む場合は奇数にすべきだと言うことが昔から言われてきました。
しかしなぜそうした方が良いのかと言うと諸説あります。
偶数は「重なる数字」と言うことで何度もあっては困ると言う意味からだと言う説があります。
なるほど説得力があります。
葬儀も何回もあっては困ってしまいます。
ちなみの私の両親は同じ年に2人ともなくなってしまいました。
家族構成が異なってくると言うことは子供が小さかった分困る点も多くありました。
そして、偶数は割り切れると言うことから「別れる」などの言葉を連想するからだそうです。
ただこの場合の話だと結婚式にはなるほどと思いますが、葬儀の香典には関係ないようです。
しかしいずれにしても中国の陰陽道に由来するものだと言うケースが多いようです。
最近ではあまり偶数奇数にこだわる必要はないと言う考え方の方も多くなってきているようです。
香典であるならば、故人との関係を考えて香典の金額を決めると言うことでいいのかもしれません。


半額で出来ます

今度家族で葬儀をする場所を決めています。
そこは家から車で二十分の場所にあります。
一回五千円の会費を支払うだけで永遠に使える割引券が作れます。
通常の費用より半額で出来るのでお得ですし最高のプランのやつでも百万円もしないですしもちろんマイクロバスも用意していますし火葬場までは同じように車で二十分ですので往復のバスもあります。
遠方の方でも宿泊できますので便利ですしもちろんシャワ一もついています。
食事は店で買いにいかないといけませんけれども近くにはコンビニがありますね。
もちろんスタッフさんがすべてしてもらえるので指示をするだけです。
たくさんの方に来てもらえるように出来ますので涙ありで少しは感動もあると思いますね。
でも通常の費用は絶対に安くはないと思いますので苦しいかもしれませんがこちらの会館なら絶対におススメできますね。
初めて広告を見たときはなんでこんなにと思いました。
なぜこんなことが出来ちゃうのかと思いました。